季節ごとの楽しみ方

四季豊かな恵那峡

季節の変わり目がはっきりとしているこの恵那峡では、春・夏・秋・冬と1年を通して、どの季節に訪れても、四季折々の味わいを楽しめます。
普段忙しく過ごす日々の中で、忘れそうになる自然の豊かさや厳格さ、美しさを遊覧船の窓から感じてみてください。
恵那峡遊覧船全景

桜舞う春の恵那峡

遊覧船の乗船場付近にある「さざなみ公園」では、桜をはじめ、ツツジや藤の花などが、約200本程、4月上旬頃から見ごろとなります。
水上から見る桜の可憐さに心奪われます。

春の景観

白波と緑光る渓谷 夏の恵那峡

夏の暑さも吹き飛ばす、壮大な奇岩・怪岩を堪能するには、まさにシーズン真っ盛りです。岸壁を覆いつくす緑と白く尾を引く波のコントラストが美しい季節です。毎年7月下旬には「恵那納涼水上花火大会」が行われます。

夏の景観

燃ゆる紅葉で染める秋の恵那峡

山間を燃ゆるような紅色や鮮やかな黄色で染める秋の恵那峡は、1年で一番、色彩が豊かな季節です。
船上から見る水面に映る紅葉もまた趣があり、心が和みます。

秋の景観

野鳥と出会う冬の恵那峡

冬の恵那峡では、この時期にしか出会えない情景を見せてくれます。
12月~2月にかけて渡り鳥たちが遊覧船のコースとなる水辺にやってきます。飛来する鳥の種類には、マガモやカワアイサ、ホシハジロなどたくさんの鳥がいます。
バードウォッチングの詳細はこちら

 

冬の景観